ボリュームをさげて

今日は耳鼻科に行って、溜まった水を耳と鼻の管から抜くという治療をしました。
実はいろいろな人から数々のアドバイスや薬などをいただいていました。そして医者も変えたりしていたのですが、この4か月間全く状態は改善せず、日によっては以前より悪くなっているような日さえありました。こんな状態がどこまで続くのかと思うと憂鬱にもなったりしました。
今の医者に行ったときにっ水を抜いてもらったのですが、その時はその日は少しよくなったように感じましたがすぐもとに戻ってしまいました。そして約1ト月ほど通っていたのですが、まったく変化がなく、苛立ちさえ感じてもう医者に通うのはやめようかと思っていたところ、もう一度水を抜いてみますかと聞かれてこのまま変化のない状態が続くなら抜いてもらおうと思いました。ただ医者は水を抜くとまた溜まりやすくなるという事であまり頻繁にはやりたくないようでした。私の場合は2回目でしたが。

ベッドに横になり、耳に液体(麻酔の一種)を入れられ10分ほど待っていました。それから死者のところへ行くと耳に何かを挿入されました。一応麻酔らしきものをされているのですがやはり強いものではなく、耳の中で針を刺されたように痛みが数回感じられました。思わずその痛みにビック、ビックと体が反応しました。さすがに声は出しませんでしたが。それが終わると何か少し聞こえが良くなったようでした。
今までは左の耳の聞こえが悪く、しかも耳の閉塞感がありましたが、両耳の音のバランスがかなりよくなった感じでした。久しぶりの左の聞こえのよさに、聞こえてくる音がうるさいと感じるくらいでした。ただ残念なのは完全に治ったというわけではなく、左耳には自分の話す声が相変わらず響いています。ただ少しはましなのととにかく左耳の聞こえ方が改善し違和感がかなり無くなりました。

[PR]
by Marrrsan | 2012-09-05 00:12 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/16751617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]