秋の扉



夏至を過ぎると、日は刻々と短くなっていくようです。日本ではまだ8月はそんなに日が短くなったと言う感覚がありませんが、こちらは朝晩がすずしく秋を思わせる温度になったりするせいでしょうか、殊更感じます。
実際、今では午後9時にもなるともううす闇があたりを包み込んでいます。今では午後8時が以前の午後9時の明るさ。
これで秋の虫の鳴き声などが聞こえたら、もう完全に秋の気分ですね。
正直、私は夕暮れになると(午後8時過ぎですが)、秋の気配を感じ取ってしまいます。地域的に北にあるこの地は冬の暗い時間のほうが長いはずなので、日が短くなるのが早く、その速度も日本よりは速いのかもしれません。夜になるとすっかり気分は秋です。

日中の午後4.5時ごろは晴れると日差しは強く夏を感じますが、セミも鳴かないこの地はすでに気持ちを侘しくさせてくれます。 まぁ、暑い夏は苦手な私だからいいんですけど。
[PR]
by Marrrsan | 2011-08-08 12:43 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/14302365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by emptynest2 at 2011-08-10 23:46
日本はめちゃくちゃ暑いので、涼しいそちらがうらやましいです。
それでも日の出は遅くなってきましたよ。
朝5時でやや薄暗くなっています。
早起き、いつまで続くんでしょうねぇ。
Commented by Marrrsan at 2011-08-11 10:24 x
●Ladyさん
  日の入りは午後8時30分頃になりました。日の入りが長い分こちらは日の出が遅いようです。早く起きていないのではっきりとはわかりませんが。とにかく涼しいのは助かります。今頃群馬では37度とか言ってます。恐ろしい!