クニとの会話

クニに電話を入れました。
知っている人は知っていると思いますが、クニというのはアメリカの友人で彼女は元はインドの人です。
ニューオリンズではお世話になっています。
d0000995_0181460.jpg

電話を入れようとは思っていながら日本とアメリカの時間差でアメリカでの都合の良い時間となると、朝の早い時間か真夜中過ぎで、普段は覚えていてもその時間帯はつい忘れてしまっていました。伝えなければいけないこともありそろそろ本当に連絡を取らなければと思っていたら、アメリカのギャラリーからクニがギャラリーに連絡を取り、私の様子を尋ねたようで連絡をとるように言われました。

クニにはアトリエを借りていて、そこに荷物を置き、車も駐車場に置かせてもらっています。6月にはそれらを取りに行く予定でいたのですが、その予定の変更を知らせる連絡もあり、電話をしたという次第です。

受話器の向こうからは私の声を聞けてうれしそうなクニの明るい声が聞こえましたが、彼女は実は悪い知らせがあると言ってきました。不安な気持ちでクニに尋ねると置かせてもらっている車のライトが壊れているが、前から壊れていたのかと言うのです。ライトと聞いて私は車のヘッドライトを思い浮かべ、壊れては射なかったと答えました。誰かが駐車してある私の車にぶつけて壊したようです。彼女は責任を感じているらしかったので
私が心配は要らないと言う事を言うと少し安心したようでした。10分ほど話をして切りました。

その数時間後、私は気づいたことがありました。
例のライトの事です。ずっとブログを読んでいる読者の方は覚えているかもしれませんが、私は昨年の10月の末にストリートカーに追突されて後ろのライトが壊れていたのでした。彼女はその事を言ったのだと気づきました。なんとなくそれが分かると安心しました。
[PR]
by marrrsan | 2011-04-18 00:18 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/13403409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]