宇和島屋 (追記:宇和島屋の歴史)

d0000995_10413763.jpg


最近乗ったタクシーの運ちゃんの情報で、ここビーバートンに大きな日本のスーパーがあるという事を
知りました。こんなところに日本人がたくさん住んでいると言う事なのでしょうか。とにかく彼の奥さんは韓国人で、良くこのスーパーに行くと言う。場所を聞くとターゲットの向かい側だという。ターゲットって割りと住んでいるところから近いところではないですか。それに私はターゲットに行ったことがあるけど、その日本のスーパーって見かけなかったような気がする。とにかく運ちゃんの情報だと確かにそのターゲットの向かいでかなり大きくて充実していていろんな物がそろっていると言う。近場だし是非様子を見に行きたいと思ってました。

時間があり、本日そのスーパーを偵察に行きました。バスで10分ほど。そこから歩いて5.6分でターゲットに着きます。ターゲットの向かい側の道にはスーパーなんてありません。嘘をついたとも思えず、とにかく私は先を進むと見づらい看板が目に入りました。確かにその看板には「Uwajimaya」と書いてありました。ターゲットの真向かいではなくターゲットを少し過ぎた先にありました。道理できづかなかったはずです。更にその店は通りから奥まっていて入り口が道の正面でなく、駐車場を向いているという分かりづらい位置にありました。

やっと日本のスーパー「宇和島屋」にたどり着けた私です。しかしこんな近くに大きな日本スーパーがあるとは全く気づきませんでした。とにかく嬉しい。
品ぞろいはそれなりに充実していて、シーフードや野菜など新鮮な感じで、客も多くにぎわっていました。
値段はまあ、こんなもんだなという感じで、私には高く感じました。なぜなら日本のスーパーの激安店の値段と比べていたからです。ここに住んでいる人にとっては安く日本の品物が手に入る良いスーパーでしょうね。

この「宇和島屋」と言うのは1928年にシアトルに進出した店らしいですね。このビーバートンの店は1998年に出来た物らしいです。需要があってのことなんでしょうね。
更に嬉しいのはこの店の中に本屋さんの紀伊国屋が入っていてそれなりの本屋や雑誌が手軽に手に入るということ。日本人には最高ですね。

今回は何も買わずに、店先においてある日本語と英語の情報誌、ミニコミ誌をさっとかばんに入れて帰ってきました。だってもうすぐ私は日本に帰るから、高いお金を出して日本の食料品を買う必要は無いから。



宇和島屋の歴史  ホームページより

宇和島屋は、四国愛媛県八幡浜市出身の森口富士松により、1928年、ワシントン州タコマ市で創業されました。森口は、ピュージェット・サウンド地域の製材所、漁港で就労していた日本人労働者に魚の練り製品などの食材をトラックの荷台から販売していました。森口は商業を学んだ地である宇和島市から、自分の商売の屋号を「宇和島屋」と名付けました。妻の貞子はタコマ市内で、小さな宇和島屋を営んでいました。

アメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦するまで、タコマ市で店を続けていました。1942年、大統領行政命令9066号の発令後、森口と妻の貞子と子供たちは、カリフォルニア州ツールレイクの日系アメリカ人強制収容所に送られました。終戦後、森口一家はシアトルに移り住み、かつて戦前にシアトルのニホンマチあるいはジャパンタウンとして栄えた南側のサウスメイン・ストリートで小売店と練り物製造業として宇和島屋を再開しました。宇和島屋は日系コミュニティーに日系の食料品を提供すると同時に、日本から食料やギフトの輸入も始めました。

1962年にシアトルで世界博覧会が開催され、同時期に宇和島屋は大成功を納めました。宇和島屋は、日本人以外のお客様へも、日本から取り寄せた品質の高いギフト、キッチン用品、珍味の販売を始めました。世界博覧会で成功を収める一方、同年の夏に創業者の森口氏は逝去しました。富士松の4人の息子による経営の元に、宇和島屋は引き続き、ケータリングから第二、第三世代のアジア系アメリカ人そしてアジア系以外の人々のニーズに合った品揃えで、事業を開拓、拡大しております。アジア料理のクラスを開催したり、中国、韓国、フィリピンなどのアジア諸国の品物を揃え、さらに多くの皆様にご利用いただいております。

1970年、宇和島屋は、さらに2ブロック南に移動し、南6番通りとキング通りに2万平米の店舗を開店し、パシフィック・ノースウエスト地域最大の日系スーパーマーケットとなりました。8年後にはさらに1万6千平米を増築し、青果、精肉コーナーを改装し、暖かい食事がその場でも食べられ持ち帰りもできるデリ・カウンター、活魚を扱うタンクを備えた鮮魚コーナー、優れた美術品、書籍、レコード、衣服、キッチン用品、化粧品、着物、布地を扱うギフトコーナーを設けました。リモデルした当時の店舗には、人気の宇和島屋料理教室もありました。

1978年シアトル・イーストサイドの急激な人口の増加に伴い、ベルビュー店を開店しました。その20年後、オレゴン州ポートランドの郊外ビーバートンに3店舗目を開店しました。

2000年11月、宇和島屋はさらに1ブロック南側へ移り、シアトルのチャイナタウン/インターナショナル・ディストリクトの中心となる宇和島屋ビレッジのを新築開業いたしました。6万6千平米に及ぶ小売りスペースには、宇和島屋アジア食材&ギフト・マーケット、紀伊国屋書店、ワシントンミューチュアル銀行、サロン・ジュノ、パリミキ・オプティカル、サヴィ・アジアン・コスメティクス、アジアフードコートが含まれます。店舗上階には、176戸の宇和島屋ヴィレッジ・アパートメントがあります。

1962年に創業者の富士松が亡くなってから宇和島屋と森口家の柱であった森口貞子が、2002年の夏にこの世を去りました。彼女の死は、女家長として彼女の長年の働きを知っていた多くのお客様と従業員によってたいへん惜しまれました。

現在、宇和島屋の最高経営責任者は森口まつのともこ、取締役は会長の森口富雄、副会長の森口あきらとなっており、7人の親族が宇和島屋の経営に携わっております。宇和島屋は、従来の小売業に加え、フードサービスや食品加工業でも業績を伸ばしています。
[PR]
by marrrsan | 2011-02-13 11:00 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/12865807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinia62 at 2011-02-13 13:47
立派なマーケットですね。良かった良かった。引っ越して良かった。
Commented by Marrrsan at 2011-02-13 16:29 x
●さむさん
ロサンゼルスのマルカイとかなんかから比べたら
小さい方ですね。シアトルの方はかなり大きいらしいです。
とにかく食べたい時に日本食が食べられそうです。
こんな身近にあって嬉しいですね。
Commented by emptynest2 at 2011-02-14 09:15
近くに日本食マーケットがあると、ほんと助かりますね。
どこかで聞いた名前だと思ったら、シアトルにあるんですね。
以前シアトルに立ち寄った時に見かけたような気がします。
Commented by marrrsan at 2011-02-14 16:55
●Ladyさん
さすが西海岸地に越して来たんだなぁと言う
実感をしましたね。
そうです、シアトルが本拠地らしいです。
アメリカは北西部に進出しているらしいですね。
どのくらい大きいのかシアトルにも行ってみたいですね。
Commented by genova1991 at 2011-02-14 23:31
へぇ~…
戦前に宇和島から移住してきた人が作ったお店なのでしょうかね~
宇和島は不便な所だし、ええい!!面倒だ!アメリカに行って一旗上げよう!!


と、思ったのかしら?(≧∇≦)
お近くに日本スーパーがあるのがわかると、心強いですね(o^∀^o)
何かの時に(^_^;)
Commented by marrrsan at 2011-02-15 04:39
●genovaさん
宇和島屋の歴史をMOREに追加しました。
歴史のお勉強をしてくださいね。
紀伊国屋があるのも便利です。
Commented by genova1991 at 2011-02-15 17:26
へぇ~八幡浜出身なんだ、、
宇和島に行くには八幡浜に寄るのよね~
とにかく不便な所で明治時代は船でしか
行けなかったのじゃないかしらん?
鉄道が出来ても本数が少なくて、相変わらず不便だし、、
もっとも今時だから高速バスを使うのかもしれません。
宇和島は伊達政宗の長男が江戸時代に藩主になって
やってきたので、南の粗野なものと東北のものが
入り混じって面白い所ですよ~
鯛のお刺身をのせて生卵と出汁だったか、
つゆをかけて混ぜ混ぜして食べる鯛飯が有名です。
Commented by Reiko at 2011-02-15 18:07 x
去年シアトルのウワジマヤ、行ってきましたよ。すごく広かったですが、飾り付けがとてもチャイニーズでした。。。アメリカの人があれをみてこれが日本だと思うんだな〜と思いました。店員もあきらかにチャイニーズが多かった。

紀伊国屋があったかどうか気がつかなかったですが、ダイソーがくっついていて、一緒に行ったアメリカ、カナダ、ポーランド、イスラエルの女の子たちが喜んじゃってきゃーきゃー言いながらてんこもりに買い物してました。アメリカの99セントショップにくらべるとダイソーは面白いものが多くて品質も良い、と日本でアメリカ人女性がやはりお土産すべてダイソーで買っていきました。恐るべしダイソー。
Commented by marrrsan at 2011-02-16 04:35
●genovaさん
色々宇和島について詳しいですね。
私は西日本にはあまり行った事が不案内です。
歴史の勉強とたべものの勉強になりました。
Commented by marrrsan at 2011-02-16 04:37
●Reikoさん
どのくらい広いのか是非この目で確かめてみたい物です。
たぶん北西部最大なんでしょうね。
ダイソーが進出していたんですか。
確かに原宿にあるダイソーも外人の客が大いですね。
安く土産が買えて便利なところかも知れませんね。
今のご時世円が高いですから。