押し迫る

いよいよ今年も残すところあと少し。
あ~~、どうしよう。
こころだけあせって、やるべきことが全然出来ていない。
本当にこれで無事に今年が終わるのか?
あ~忙しい、忙しい。

と言いながらネットを見たりしています。(馬鹿ぁ)

で、今回も別れと言うか旅立ちを歌った歌の詩を。
ある意味今の私にあっているのですが、青春という言葉はなんかずれてます。
でも、この歌好きですね。
これはオフコースのオリジナルメンバーの鈴木康博が作った歌で、
「秋行く街で」というライブコンサートのために作られた物ですが、
一部詩を変えて、「Song is Love」というアルバムに収録されてます。


 
青春


さよなら若者
知らず知らずのうちに君は
いくつもの季節を過ごし
いくつかの夢も叶わず
この住みなれた街に
青春を刻んで出て行く

さよなら若者
めぐり会った人とのふれあいに
喜びは孤独を忘れさせ
悔しさに涙を流し
この住みなれた街に
思い出を残して出て行く
ふるさとを捨ててきたように
この街も捨ててゆくのか

夢多き時よ さようなら
生きる道に 夢はひとつでいい
ひとつの夢が君の道を教える

ふるさとを捨ててきたように
この街も捨ててゆくのか

さよなら若者よ さよなら
さよなら青春よ さよなら


(詩 鈴木康博) 
[PR]
by marrrsan | 2010-12-28 13:19 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/12590140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]