トーストマスター

トーストマスターって何?
トーストを焼くのがうまい人?

いいえ、そうではなくて、人前でスピーチをすることによって、自分の考えをうまく相手に伝える技術やリーダーシップの能力を高めることを学ぶグループだそうです。
もともとは1924年にカリフォルニアで始まった運動で、現在ではなんと106カ国に12000以上のクラブがあるそうです。日本だけでも95グループが存在するそうです。

この4月から高崎市に英語によるスピーチをすることにより、英語のコミュニケーションスキルを高めるトーストマスターのグループが結成されました。
先日このグループのことを紹介するチラシをいただき、少し興味を持ったので、忙しい中(←本当か)、このグループの見学に行ってまいりました。

まだ15,6人のメンバーで、本日は私と同じ見学人が5,6人いました。
部屋の中は前にスピーチをする人の机があり、それを取り囲むようにコの字形に他のメンバーが座る机といすが並べられていて、スピーチをする人にとってはとても、度胸がなくてはスピーチは出来ないような感じの
配置の仕方でした。

しかし、グループのセッションが始まると、和やかにそして、かなり英語のスピーキングのうまい人たちがスピーチをなんなくしていました。
最初にテーブルスピーチと言う即興の3分ほどのスピーチを数名のものが司会者にあてられてスピーチを行いました。どの人もそれほど滞ることなくスピーチを行い、機転の速さに驚きました。

それが終わると、プリペアードスピーチというあらかじめテーマを決められて準備してきた少し長めのスピーチをする人が2名いました。この二人もかなり事前に準備をしてきたとはいえ、相当流暢にスピーチを行っていました。
かなり上級の英語のサークルで、英語力を高めるにはいいクラスだと思いました。
[PR]
by Marrrsan | 2010-06-12 23:56 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/11308363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]